• Tel :

    10:30~14:00/15:30~20:00
    (日曜10:30~19:00)
    【水曜・祝日休診】

  • ご予約

    ご予約

  • アクセス

    アクセス

根管治療

根管治療

再発させない歯の根の治療

Root canal treatmente

根管治療

根管治療は、神経を失った歯に対して行われる治療です。
虫歯が大きくなり歯の神経に達してしまうと、神経を取り除かなければならなくなります。歯の神経は、根管と呼ばれる歯の内部の細い管の中にあり、神経を取り除くことを抜髄、虫歯菌に感染した組織を除去し、根管内を無菌状態にすることを感染根管処置、根管内を薬剤で充填し、封鎖することを根管充填と言い、この一連の処置を根管治療を言います。
根管治療では、根管内を確実に清掃し、充填することが大切です。根管治療は、再発リスクが高く、難しい治療です。再発を繰り返すと歯を失う原因にもなります。当院では、最新の技術を導入した再発リスクの低い根管治療を行っております。

神経を取り除いた後が大切です

再発させない根管治療

精密根管治療

根管内は非常に細く、見えにくいため、肉眼での治療には限界があります。実際のところ、肉眼での根管治療は、ほとんどが歯科医師の手の感覚に頼ったもので、決して精密と呼べるものではありません。
当院では、マイクロルーペ(拡大鏡)の使用はもちろん、必要に応じてさらに高倍率での目視が可能なマイクロスコープ(顕微鏡)を使用した根管治療を行います。
歯科医師の肉眼のみで行われる根管治療では、一旦治療を行っても、再発リスクが70%以上あるともいわれています。根管治療は何度も再発を繰り返すと、歯の根はもろくなり、周りの顎骨も減ってきてしまうため、いずれ歯を抜かなくてはならなくなってしまいます。そのため、根管治療は精密に、再発を出来る限りさせないことが重要です。

マイクロスコープ マイクロルーペ

最新の根管充填

根管治療で、根管内の清掃が終わると、空洞になった根管内に専用の充填材を入れ密閉します。この作業を根管充填と言います。根管充填では、根管の先端にまで隙間がないようにしっかりと充填材を詰めることが必要です。このときに隙間ができてしまうと、細菌の再侵入や根尖病巣の原因になります。
当院では、この根管充填の際に「ウルトラフィル(3Dシステム)」と言う最新のシステムを導入しています。このシステムでは、通常は固形である充填材を軟化させ、複雑な根管内の隅々にまでしっかりと充填することが可能です。

フォレスト歯科・矯正歯科 北千住マルイまでのアクセス

フォレスト歯科・矯正歯科
北千住マルイ

Forest Dental Clinic

ご予約について

当院は予約制となっております。急患の方の受け入れも行っております。お電話でお問い合わせください。

[お問合せ・ご予約]
 Tel :

診療時間
 午前午後
月火、木金土10:30~14:0015:30~20:00
10:30~19:00

※水曜日、祝日は休診となります。
※日曜日の昼休診はございません。
※受付は診察終了時間の30分前までとなります。
※月初めには忘れずに保険証をお持ちください。

Loading...
<< Previous | Next >>
  1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 

休診日  午前休診  午後休診

※10月23日は午前休診となります。
※12月26日は診療いたします。
※2018年12月28日午後~2019年1月4日までは休診となります。

アクセス

〒120-8501 東京都足立区千住3-92 北千住マルイ3階 JR北千住駅西口徒歩3分

googlemap
北千住マルイ3階フロアマップ 3階フロアマップ

のトップへ戻る